The link at the date of the calendar is an entry.
これにて旅程全編終了ざんす。
2016-10-08 Sat 09:30
帰国前の段階で一番心配していたのは台風18号の動向であった・・フライトへの影響ももとより、大雨・暴風の中を大荷物を抱えて移動したくない・・ざんすからね。


しかしさすがは「天下無敵の晴れ男」伝説は健在で、帰国当日は羽田到着時には雨は止み降られずに済んだし、6日は快晴!!

もっとも10月というのに30℃越え予報というのは大荷物がある身にはあまり嬉しくはない、着込んでいたセーターやウィンドブレーカーも脱いでバッグへ・・つまりまた荷物が重くなった次第(笑)

まあ今回はリュック15キロ、サイドバッグは多分7キロ近いだろう・・これにバガヴァンバッグだからな、おそらく過去最高の大荷物だっただろう。



しかし帰国直前に「お恥ずかしいトラブル」が待っていた・・のであった。

以前(今年のウルトラ大巡礼の時ざんすね)もお伊勢さんで三重交通路線バスにバガヴァンバッグを置き忘れる・・・という失態を演じたが、今回はなんと空港まで乗ってきたタクシーの中に、またまたバガヴァンバッグを置き忘れてしまった!!


さあ、どうするか?・・・フライトチケットもバッグの中だが、多分これはWEBチェックインしてあるので、カウンターでボーディングパスを再発券してもらえるだろう。

他のものも諦めるのもやむなしであるが、唯一ポメラDM100を放棄するのは忍び難い(もしポメラDM100が入っていなかったら諦めただろう)。


幸いなことに乗ってきたタクシーは流しではなく、定宿の杭州ホテルで親父さんが直接呼んでくれた車だったので、杭州ホテルに連絡が付けば何とかなるかも?・・・ということだが、ホテルの名刺も忘れたバッグの中で電話番号もわからず。

しばし逡巡したが、結局この際「ホテルまで直接引き返した方が良いかな?」と判断し、ホールで客を降ろしていたタクシーをつかまえて再びジョージタウンへ急ぎ引き返す。



予想したとおり、宿の方に運転手から「忘れ物に気づいたので空港に引き返して待っている」との連絡が入っていてまずは一安心、改めて空港へとって返す・・・空港でつかまえたタクシーの運転手はインド人なので?事情を知ってかなりスピードを出して飛ばしてくれた(笑)。

かくして空港で待っていてくれた運転手(中国人)と合流して荷物を受け取りチェックインにも余裕を持って間にあった。


やれやれですなあ、冷や汗かいたざんすよ・・・結果からすれば「慌てずにそのまま空港で待っていればよかった」わけではあるが、あの時点でそんな楽天的な判断は出来まい、時間の制約もあって即断速攻の必要があったし。


そもそもたまたま良心的な運転手だったからそうなっただけで(宿の仲介で双方の運転手間に連絡がとれたこともある・・中国人とインド人だがマレー語で意志疎通できるのですな)、本来外国でタクシーの中の忘れ物が無事に回収できた・・・ということはかなりレアなケースと言えるだろう。

また時間的にも「早めに出発していた」ことが効を奏したわけでもありますな・・時間的アドバンテージがあればこそ「再び宿まで戻る」ことが選択可能だったわけざんすからねえ。


まあこのドタバタもあって予想を超えたリンギの消費となり(空港1往復半だからね、チップも弾んだし・・笑)、クアラ待合い時に食事をとり浜松の叔母夫妻へお土産を買い、無料の給水機には中国人団体が群れていたのでやむなく飲料水を購入・・・したら、なんとわずか60セントを残してリンギを使い切ってしまった(笑)

しかしこれももし「出発時点でギリギリ」だったら更に大変だったわけざんすからね・・・実際バリで余った120万ルピアからの両替は「ちょっと多いかな?」と思ったのだが、無駄にはならなかったわけである。



かくしてどうにか帰国の途につき、台風状況もあって羽田へは約20分遅れの23:50頃に到着、幸いカスタムはノーチェックで通過。

この時間でも電車が動いているのが東京のありがたさですな・・京急&JRで新宿へ・・・終電近い山の手線は混雑していて大荷物が随分顰蹙をかったようだが致し方あるまい。


25時頃にお馴染みの新宿グリーンプラザカプセルHに投宿、ここは原則「23時半で予約が自動キャンセル(ただしノーチャージ)となるのだがカウンターで予約を復元してくれたので、「事前予約料金でOK!」となったのは大変ありがたいですな。

しかしなんとびっくり、このカプセルHが今年12月25日もって「営業終了」とのこと!!・・・ううむ、かなりお気に入りの場所なのだが残念ざんすねえ。



というわけで3ヶ月ぶりに大浴場&サウナを堪能した・・・が、今回はティルタガンガのプールで泳いでいたから「浸かる」ことへの感慨はやや稀薄になっていたざんすけどね。


翌6日はギリギリまで滞在してチェックアウトし、歌舞伎町のドトールにて朝食・・・新装なったこの店舗は初めてですな、大荷物での2階へはちと面倒ではあったが。



その後10:42の高崎線で出発、電車がお遅れてどうかな?と思ったが何とか北本駅発でのコミュ二ティバスに間に合い、12時半頃帰宅。


先ずは何を差し置いても「お預け」状態になっていた「美代ちゃんグッズ・・70年代雑誌切り抜き大量100点!」をようやく見分できた!!
(笑・・既存収集済みのアイテムと数点ダブっていたがこれは許容範囲)

サボテンもまたまた成長していて、そろそろ置き場を変える必要が出てきたざんすね。


夜はやはりあれこれ○○○○動画&美代ちゃん動画(新規あり!)をだらだら見ていて2時まで夜更かし・・・まあこれは「わかっちゃいるけどやめられない」の典型ですなあ・・・。


7日はあれこれと旅装解除・整備作業を実施して通常生活モードへ復帰、かくして「第26次インド計画」はこれにて旅程全編終了ざんす。
スポンサーサイト
別窓 | 旅日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<浴室に神様&植物を!! | 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 | 「次回」への覚え書き?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 |