The link at the date of the calendar is an entry.
どうせ野垂れ死ぬのならば・・
2016-12-16 Fri 21:48


皆様ご存じのように私は現在「無為徒食・中等遊民」なのであるが、そんな有閑的境遇にありながら、まさしく師走に相応しくかなりドタバタと懸案事項に追われている感じで、それらを随時日記にしていく暇もない状態なのであった。


とにかく「母の引っ越し」というのが大仕事なのであった。

すでに日記に書いているが、この夏のアルナーチャラ滞在時に母が入院するという騒ぎがあり、10月上旬に帰国してすぐに帰省した際に世話になっているケアマネさんからの進言もあって、「より介護サービスの充実した福祉施設への引っ越し」計画を進めようということになった。


でまあ取り合えず「施設の見学・入居申し込み」をして、実際に入居の順番が来るのはいつになるか?を気長に待つこととしよう・・・ということで11月半ばに再び帰省して、母を伴って「施設の見学・入居申し込み」の為に出向いたら、何とその場で「今ちょうど空きが出たところなので、12月から入居可能ですが・・」という成り行きになり、


この機会を逃すべきではあるまいということで急遽引っ越し決定・・・その諸般の段取りのために11月末に3回目の帰省、数日間鴻巣に戻ったものの、今度は引っ越し作業本番で先週は6泊7日で4回目の帰省。


母は余りに急な展開で頭がついて行かない上に、到底「荷造り」作業をてきぱきできるような体力もない・・・となると、今回の引っ越しにかかる全ての作業はこの私がやらねばならないのであった、幸か不幸か私には兄弟姉妹がいないのでもある(もっともそれ故にあれこれと相続で「揉める」こともないのだが・・笑)。


作業員が私一人ということに加えて、大変だったのは「これまでの居室よりも狭いスペースになる」ということも大きかった。

その上年寄りだけに「タンスの肥やし」他大量の荷物が蓄積されていたのですな・・10年前に引っ越した際にも随分あれこれ処分したのだが、そのとき処分せずに持ってきたのに結局全然手つかずの荷物なんてのもあったし(笑)。

そんなわけで実際問題として、「移動する荷物」より「処分する荷物」の方が遙かに多かったわけである。


でまあ、母は律儀な性格でもあるので「あれこれの請求書や領収書」を初めとして、役所や病院やあちこちの機関から随時送られてくる書類を全部捨てずに残してあった・・・なんと10年分である!!!

それらも一応全部私がチェックして殆ど捨てたわけだが、人間が10年生きているだけでこれほどまで大量の「書類」がつきまとう・・・わけですなあ、つまりそうした「書類」が流通するという社会管理システムの中で我々は生きて行かざるを得ないわけである。


こういう現実を前にすると、やはりインドのサドゥさん達(出家遊行僧)にある種の憧れを抱きたくもなる・・・・私の場合は「老後」を考えると「お先真っ暗」な未来しかないので(笑)、

どうせなら日本で身動きが取れなくなる前にインドに出かけ、「アルナーチャラで野垂れ死ぬ」ことを選択したい・・・と、これは結構本気で妄想したりするのざんすよ、わはははは・・・・・!!




そしてようやく引っ越し作業の全行程が終了して(まだ旧居の方の残務処理があって、これは越年してしまうのだが)鴻巣に戻ってきたのだが、全くのんびりする間もなく「専任業務?」が待ちかまえていた・・・・

12日は今年のアルナーチャラのディーパム聖火の点火日だったのだ・・・ということで、この期日に合わせて「臨在」サイトに連続エッセイ「余はいかにしてラマナ信奉者となりしか?」その8を掲載した(内容もディーパムに絡んでいるので)。


http://www.geocities.jp/ramana_mahaananda/personal-holder/essey08.htm



因みに12日の点火初日は時間になったのにウェブカメラはフリーズしたままだし(これはよくある話)、アシュラムサイトでのライブ映像配信も全然始まらない・・・ので、これはもしかしたら時々生じる「フライング」かしらん?と疑念が生じてきた(あちこちに告知記事を出し、関係各位には「一斉お知らせメール」を配信したし・・・笑)。


もっとも印刷されたカレンダーだけでなく、アシュラムサイトのカレンダーには12日となっている・・ただし満月は13日となっているので実は点火は13日ではなかろうか?

・・と勘ぐりたくなってしまうのですなあ・・来年1月のカレンダーがまだ表記されてない状況だし、間違っていたとしても訂正されていない可能性も疑いたくなる。


というわけで現地在住の知人にメールして状況を聞いていみたところ、

「点火はされたけどサイクロンが来ていて麓から全然見えない」

とのこと、かなり風雨が強いようなのでアシュラムサイトでのライブ映像配信も中止となったのであろう(ホール正面通路上には屋根がないし・・)。

こんなことは初めてだと知人は言っていたが、今年は雨期に入っても全然雨が降らずにいて水不足状態だったそうで、このサイクロンでそれが解消されたら結構なことなのではあるようだが(チェンナイは随分被害がでているらしい)。


因みに「ディーパム大祭」についての解説はこちらをどうぞ↓

http://www.geocities.jp/ramana_mahaananda/information/newsletter01.htm



そして現在の懸案事項は来週予定の「伊勢参宮」の件と、要望のあった「ラマナ・ミーティング」に備えてのアルナーチャラの宣伝屋としての「名刺&配布用パンフレット」制作作業なのだが(これも長らく手つかず状態だったのだ)、そんなこんなで忙しくて数冊まとめて借りてきてある「本多猪四郎監督」関連書籍の読書が全然進まない・・・。


いやいや、何よりも最大の道楽である「美代ちゃん」動画の編集がすっかり後回しになっている・・のが大変腹立たしいではないか!!!(笑)









・・・・というわけで次回に続く。


スポンサーサイト
別窓 | コラム | コメント:0 | トラックバック:0
<<看板に大いに偽りあり!! | 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 | 奉祝!2016年ディーパム聖火点火>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 |