The link at the date of the calendar is an entry.
看板に大いに偽りあり!!
2016-12-21 Wed 21:03
長らく懸案事項であった「臨在サイト」管理人名刺を制作した。

というのも、年が明ければで立ち上げ13年になる「臨在サイト」であるが、アルナーチャラにて出会う「初めて来た日本人訪問者」には「へええ・・そんなサイトがあったのですか!」と言われるケースが結構多いのである(笑)。


英語が堪能でインド慣れしている方ならば、英語で流布されている情報だけでやってくることも少なくないし、あるいは旅の途上で話を聞いたとか友人に連れられて来た・・というケースもある。

そういう方と交流する際に、「臨在サイト」を紹介する有効な手段として「サイト管理人」の名刺があると便利なのだがなあ・・・と、ここ数年思い続けていたのであった。



裏面は「自己紹介」スペースだが、あくまで「臨在サイト」そのものを紹介することがメインの名刺なので、それに相応しいものをと検討した結果、

特にテンプレートなどは使わず白地に最低限必要な項目を列記し、ラマナご自身が描かれたアルナーチャラのスケッチ及びシュリ・チャクラ・ヤントラ画像を挿入・・・なかなかシンプルな両面印刷デザインである。


IMG_20161218_0016_NEW.jpg


IMG_20161218_0016_NEW1.jpg




一方「アシュラム制作による英語版パンフレット(敷地内の建物説明マップ付)」と、以前「日本ラマナ協会が翻訳・制作したアシュラム紹介パンフレット(故・柳田先生が監修された)」のウェブ掲載用画像&配布用コピー」についても制作に着手。

(さらには「ガネーシャン・テキスト?」に関しても対象とすることにした。)



配布用資料の方は今後のラマナ・ミーティングでの展開を始め、一部はすでに数人の知人へのギフトに名刺共々同封して送付したほか、実験的に試みた「縮小コピー版」でも文字は十分に視認でき判読には特に差し支えない・・・と思われるので、

特にこの日本語翻訳パンフの縮小版については「一般宣伝用」アイテムとして関わりのある各所で展開することとしたい・・・業界関係者以外からの「鈴木さんはインドで何をしているのですか?・どこに滞在されているのですか?」というよくある質問への回答には、もってこいのパンフレットでもあるざんすからね。



しかしながらウェブ掲載用画像の方は「アシュラム制作パンフ」の方はすぐにでも掲載作業にかかれるが、「協会制作日本語版パンフ」と「ガネーシャン・テキスト」の方は諸般の事情や私自身の立場もあって、「どういうポジションで掲載するのが最も適切であるか?」について十分に検討する必要があるのですなあ・・・。


特に「ガネーシャン・テキスト?」に関しては、もう一つの日本語翻訳文献の「ガネーシャン・パンフ?」の存在もあるだけに、お蔵入り中のシュンニャさん文章(元々は「季刊アルナーチャラ通信」の原稿として、「ガネーシャン・ワークス」について書かれたもの)の有効活用も念頭に置いて、この際「ガネーシャン・ワークス」ファイル自体を再構成してはどうか?・・と構想しているところである。

http://sirius02.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=5038361


ただあまり「おおっぴらに公開できない」感も強いので、ひっそりと「ガネーシャン・ワークス」ファイルをリニューアルし、掲載の際も「各所への告知」は行わず、興味があって「ご縁により辿り着いた者」だけが読むことが出来る?・・・というような体裁にしたいとも考えている(今回のブログ記事を読んだ人は誠に幸いである・・笑)。




それはさておき道楽の方では、「中野まんだらけ」にて久々に「美代ちゃん」グッズを発見・購入。

台紙に張られたの「金文字サイン入り」写真(ほぼB5サイズ)で、税込み648円はちょっと高いかな?・・という感もあるのだが、これまでヤフオクにも出たことがない品で、これはそもそもどういうアイテムなのかしらん?


IMG_20161220_0001.jpg




そして前述の「臨在サイト」管理人名刺の他に、「お遊び用」個人紹介名刺?も同時に制作したのだが、

「無為徒食・中等遊民」・「アイドル浅田美代子研究家」・「天下無敵の晴れ男」・「大日本お気楽脳天気教 道化教祖」・・・

などなどの変梃な単語のオンパレードとなっていて、なかなかインパクトのある内容かもしれないざんすねえ(笑)


IMG_20161218_0017_NEW.jpg


IMG_20161218_0018_NEW.jpg




さあて、明日22日夜~25日にかけては恒例?の「年末のお伊勢参り」に出かけてくるのざんすよん!!

帰宅したらもうそのまま家の大掃除&書斎の断捨離なのだ、最後までどたばたと忙しい活動の日々が続きますなあ・・・・これでは名刺に掲げた「無為徒食」の看板に「大いに偽りあり!!」ではないか、わはははは・・・・・!!

スポンサーサイト
別窓 | コラム | コメント:2 | トラックバック:0
<<「焚きつける」のが私の業務? | 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 | どうせ野垂れ死ぬのならば・・>>
この記事のコメント
>ラマナご自身が描かれたアルナーチャラのスケッチ
ラマナが描かれた絵が残っているんですね(驚)
しかも上手です。
近現代のインドの聖者の中ではマメな部類に入りますよね。直筆の文章もいろいろと残されたようですし。
直弟子から「私たちのグルは字の読み書きができない」と思い込まれていた聖者も結構いるのに。

美代子さんの写真は生ですか印刷ですか?
サインはどうですか?
いずれかが生だったら、このお値段は妥当だと思います。
レコード店が購入特典として作ったものではないかと推測します。
2016-12-22 Thu 19:16 | URL | ケーキ #HVjCkEGY[ 内容変更]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

> 近現代のインドの聖者の中ではマメな部類に入りますよね。直筆の文章もいろいろと残されたようですし。
> 直弟子から「私たちのグルは字の読み書きができない」と思い込まれていた聖者も結構いるのに。


ラマナはハイスクールに在学してましたから、英語の読み書きも出来ましたしね・・・西洋人訪問者との問答では「通訳」を置きましたが、その「通訳」が言葉を間違えそうになるとそれを正しく指摘した、とも言われています。


> レコード店が購入特典として作ったものではないかと推測します。


成程、残念ながら写真もサインも印刷のようですが(笑)。
2016-12-28 Wed 21:41 | URL | シリウス・マハナンダ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 |