The link at the date of the calendar is an entry.
そういう境地&年齢に達したのであろうか?
2017-02-12 Sun 22:00
正月一番に調達した仏花の中にあった「金粉をコーティングした小枝」だが、当面「枯れる」ことはない・・のでそのままずっと活け続けてあったら、なんとあちこちから「芽吹いてきた・・」ではないか!!

RIMG0122.jpg


びっくりしたと同時に、せっかく芽吹いたのに廃棄するのは忍びないと感じ、花瓶から抜いて鉢植えに仕替えてこれも「室内ミニガーデン」の一員に加えた・・・大ボスサボテンと同じぐらい背の高い鉢になったが、なかなか見栄えのする「ツインタワー?」ではないか(笑)。




それから始まってここ一両日で我が室内ミニ庭園は続々とメンバーが増えて随分賑やかになってきたざんす。


昨日は近くのスーパーで「多肉植物」300円鉢を1品購入・・・気になっていた赤い葉の鉢、ガーデンに置いてみると他の鉢がほぼ緑一色(グラデーションは多彩だが)の中で正しく「紅一点」で大変インパクトがありますなあ。

RIMG0147_20170212215125de5.jpg



そして駅ビルへ・・・1階の花屋で250円の「ミルクブッシュ」鉢、ダイソーでは入荷したばかりらしき100円鉢群から4点の「ミニ多肉植物」鉢を購入・・一つは一番最初に購入したのと同じセンペルビュームだが他3つは不可思議なフォルムのものばかりを購入した(笑)。


RIMG0148_2017021221512477c.jpg


RIMG0149_20170212215123304.jpg


そして本日は別のダイソーに買い物に出かけあれこれ調達した際に、ついついまた100円観葉植物鉢を一品購入。

・・・というのも、どうもこの店舗は品数も薄い上にこれらの管理が不十分な感じで(店舗面積が広いとなかなか手が回りきらないのだろう)、なんだかヨレヨレ感の漂う鉢ばかりなので、レスキュー気分?で購入した次第。

どうやら「水やり不足」状態の感じが強かったので、帰宅して早速水やりして一番日当たりの良いスペースに仮置きしたら、なんとか元気になってきたようだ(笑)。



でまあ、今回の一連のMMR(マハナンダ瞑想ルーム)&マハ納戸追加整備要項として、浄化用の「備長炭」をいくつか双方の部屋に置きたい・・・という気持ちが生じてきてサイトにて早速注文した。

http://somabito.com/item/BH004/



そして入金した翌日には到着(なかなか手際の良い対応の店ざんす)した「備長炭」だが現物を手にとって見ると、サイト掲載写真から想像した以上に「ずっしりとした存在感」があるざんすねえ!!


これをどこにどう配置するか?・・あれこれ検討した結果、玄関祭壇に1本・マハ納戸ガーデンに2本・MMR(マハナンダ瞑想ルーム)に3本と割り振って設置した。


RIMG0159r.jpg


RIMG0165.jpg


で、ガーデンの方はふと思い立って1本は窓側の段の中央に、人工芝マットの隙間を埋めるようにして南東方向(窓に対して直角)に横置き、もう1本はサボテン鉢内の裏側スペースに垂直に立ててみたら、これがなかなか良い感じではないか!!


・・ついでに?玄関祭壇の布袋さんの足下に所在なさげに置いてあった「ミニミニ招き猫」を天辺に乗せたら、これがちょうど良いサイズでなかなか傑作ざんす!!


RIMG0151_20170212215122af2.jpg



さらには少々手間取ったが、ガーデン正面窓側上部にラマナ&アルナーチャラのお写真を安置。

サイズ的にそのままでは納まらないのでカットする作業があったのだが、ずぼらな私が珍しく目見当じゃなくてしっかり採寸して、ミスの無いように正確な作業をしたからな・・やはり「バガヴァンのお写真」を加工する・・というのは何だか緊張するのざんすよ。

(考えてみれば「誰かに見せる」わけじゃないから、多少いい加減な出来具合でも何ら問題はないのだが・・笑)


・・というわけでこれで追加作業も終わって、今度こそマハ納戸曼荼羅ガーデンの完成・・かな?


キャパ的にはまだ鉢の点数を増やせないわけではないが、これから春~夏に向かって植物達が生育していく・・・わけで、いくつかのものは「鉢替え」も必要になるだろうし、密集し過ぎないようなスペースをあらかじめ確保しておいた方が良いだろう。



しかしながらこんな具合に一連の「ガーデニング」もどき作業をやっていて感じるのは、なんだかこれは「箱庭療法」的な曼荼羅制作?みたいな感じだなあ・・という思いを強くしたざんす。


実際このマハ納戸ミニ室内ガーデンの場合、こたつ台を利用した75センチ角正方形のスペースに納めねばならない・・という条件下であれこれやっていることもあるわけだが、

そもそも中央にはサボテン鉢というのがコアになっていて、何というかそれを取り巻くようなあたかも「曼荼羅」的な構成になっている・・のだよなあ(笑)。

実際ガーデンの植物群のフォルムの多種多様さはどこか「曼荼羅的」でもあって、観ていて全く飽きが来ない面白さざんす。


RIMG0154_201702122151210d1.jpg


RIMG0156.jpg


RIMG0158.jpg


RIMG0177.jpg


でまあ、これが曼荼羅となると、やはり何だか正面(窓側)上方の壁に「ラマナ=アルナーチャラ」のお写真を安置したくなってきた・・・ので、前述した作業になったわけざんすよ。


RIMG0181_20170212215233f75.jpg


そんな具合でこの「マハ納戸曼荼羅ガーデン(・・・と命名しよう!)というのは、当初の想像を遙かに超えた次元で私の精神状態に影響を及ぼしている・・・のですなあ。

なんというか「植物達と『精神感応』している」かのような?「静謐な意識の流れ」みたいなものが密やかに存在する・・ような気がしてならないのざんすよ。

まあそれ故に「曼荼羅」だし「箱庭療法」もどきでもあるわけざんすね。


・・・いずれ折りをみて「植物の神秘生活」だったかな?その手の関連書籍にアプローチしてみようと検索したら、うまい具合にさいたま図書館に蔵書あり、次回早速借りだしてみよう。



しかしなんだかすっかり道楽化しつつあるな・・・実は最近は外を歩いていると余所の家々の「庭木」などが気になってきたし、とうとう「盆栽」にまで目が行くようになってしまった・・ではないか!

ついに私もそういう境地&年齢に達したのであろうか?わはははは・・・・・!!
スポンサーサイト
別窓 | コラム | コメント:0 | トラックバック:0
<<どこまで進化?するのだろうか? | 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 | その名に相応しい旅になりそうですなあ!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 |