The link at the date of the calendar is an entry.
わんこは何をしに登場したのか?
2017-08-04 Fri 21:04
1日も深夜になって「雷鳴を伴う激しいスコール」が到来、結局待望の降雨は5夜連続となって御慶・御慶!!・・ここ一両日は雨にはならなかったが夜半になると「あともう一押しで雨」になりそうな曇り基調、本日は朝から曇っているざんす。


昨夜は5回目のギリプラダクシナ実施、少々蒸し暑かったがまずますのペースで歩けた・・最後の大寺院~アシュラムへのルートは久々に別のルート(寺院の南西の角から直線的に歩くルート)の方を選んでみたが、路面状況的には一長一短ですなあ。


http://www.geocities.jp/ramana_mahaananda/giripradakshina-folder/rootguide08.htm




そして今月の満月はいつなのか?・・を確認する必要がある。

多分6OR7日だと思うのだが、場合によってはここで日程調整のアドヴァンテージを使おう?というわけで、もし6日が満月なら歩くのは7日にずらし、以降10・13ときて丁度16日(柳田先生ご命日)を迎えることになるざんすからね(7日が満月なら前日6日に歩いて9・12と来て16日)。



2日午後にH氏到着。昨年秋に「カイラス」さんの「アルナーチャラ巡礼ツアー

http://sirius02.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=5383161

で初めて当地を訪問・滞在し、今回は「個人手配」での訪問である。


しかし「個人手配旅行」は初めてということもあって、うっかり「インド入国の際にイミグレーション・カード(入国カード)をもらい忘れる」というミスがあって、その対処で時間がかかり本来なら12時半頃アシュラム到着の予定が14時頃になってしまった。


まあタクシーも待っていてくれたし「結果オーライ」ではあったものの、この件は少々盲点であった・・・昨今は「イミグレーション・カード」を廃止にした国もあるし(マレーシアなど・・大昔は日本の出入国でも必要だったしね)、普通は搭乗している航空機の中で客室乗務員が配りにくる・・のが一般的だが、

エアアジアはインド到着後に飛行機を降りて入場ゲートに向かう途中の仮設デスクで配っている・・ので、それを見落とすと「もらい忘れてしまう」ことにもなる。

インドの場合カードの様式は以前より簡略化されたが、これがないとイミグレを通過出来ない(入国出来ない)ので、これからやってくる予定の「初インド・初個人手配」の方は要注意。


カードの書き方などは「地球の歩き方」などのガイドブックに掲載されているはずだが、いずれ臨在サイトにもしかるべき記述を追記する事にしよう。



さてさて昨日には母の様子を知らせるメールが来て、レンタルすることになった介護ベッドへの入れ替えも終了し、母のメンタル面も落ち着いた様子ではある。

今回出発前の関空への国内移動の際に、その気になれば母を訪問できたのをスケジュールがタイトかつ猛暑下での移動が億劫だったので、ついついパスしてしまった・・・のだが、あのとき訪問していれば母のメンタル面ももう少し平静でいられたかもしれない。


・・・という若干の後悔もあり、さてここは久しぶりに「母宛に『絵はがき』を投函しよう」ということを思いついた。

IP電話もメールもない時分には、旅先から母だけでなく大勢の友人・知人たちにせっせと絵はがきを書き送ったものだし、逆に日本にいて「彼らからの絵はがきが届く」というのは大変に嬉しいギフトでもあったからねえ。



そしてもうひとつの思いつき・・・・これは妙な展開でもたらされた。


アシュラムでの昼食待ちの時間というのは、私は瞑想ホールの外側で壁に背にぼんやりと座っているのが「定番」ポジションなのだが、今日もそうしていたら「アシュラム内を縄張りにしているわんこ」が近づいてきた・・・よくみると後ろ足をくじいたのかびっこを引いている。


以前から見知っているが「特に仲良しというわけではない」わんこであるが(こいつは安物のビスケットあげても食べないし・・怒)、どういうつもりなのか(しばらく何か考えていた?風である)私の横に来てぺったりと寝そべりやがった・・のである。

「おい、暑いのに君の毛皮をくつつけるなよ」と言いたいところだったが、ふと思い立ってこいつの痛めた足をメインにあちこち体を触って軽く「癒気(ヒーリング・タッチ」の一種)」してみたら、案外気持ちよさそうにしている・・ではないか。


SBSC0186.jpg


・・・でふと、「ああ、それならば帰国後に母を訪問した際には、母にもせめて同じことをしてあげよう」ということに思い至ったのであった。

親不孝者としては特に何もしてあげることも出来ないが、これなら特に手間暇銭もかからないわけだし(笑)。


貴様、犬にしては随分と絶妙のタイミングで登場して来るではないか!!



しかしまあ、今回の滞在では「母の様子」・・・というより「今後の展開」について「あれこれと心配」したりもしているわけで、それは同時に「私自身の将来に対する不安」にも重なってくるものである。


で、あれこれと考えあぐねたりもして、「それなりの『対処』のあれこれ」などというものも、ひねり出したりする・・わけだが、実はアルナーチャラを前にして、そういう営為にエネルギーを傾注するということは、

実は大いに「お門違い」かつ「本質的無意味」なのざんすね(笑)。


そこら辺の考察については次回に続くわけだが、さてようやく持参したYOGABOOKの「手書き入力」での作業が意義を持ち始めた・・ようですなあ。



おまけ

最近「美代ちゃん」の話題が無いではないか!・・・とお嘆きの諸兄には、既出であるがこの「美代ちゃん動画」を堪能するが良かろう!!

個人的には48年後半(17歳)~49年前半(18歳)頃の「美代ちゃん」が一番魅力的ですなあ、わはははは・・・・・!!


スポンサーサイト
別窓 | 滞在日記2017 | コメント:0 | トラックバック:0
<<影のようにつきまとうもの | 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 | 「沈黙の恩寵」にて笑いのめす?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 |