The link at the date of the calendar is an entry.
ばたばたしたがいよいよ「リーチ!!」
2017-08-13 Sun 21:19
日常生活にあっては往々にして、「用件を抱えている時に予想外の別件事項が生じて対応に追われざわざわする」というのはよくありがちなことだが、当地にあってもその辺は変わらない。

・・・なるほどアシュラムという場所は本来「リトリート」のためにあるのだが、毎年滞在を繰り返してきて今回も3週間以上が経過し来るとなると、「霊的な修行生活」というよりやはり「日常生活」化してくるわけである(笑)。

一昨日11日のお茶の時間までは特に何もない平穏さで、いささか退屈しかかってきていたのだが、お茶を飲み終わって外に出たところから「ぱたぱたと忙しく」なってしまった。



今回のアシュラム滞在許可は1ヶ月なので、今月18日からはアシュラムのゲストルームを退出してアウター生活に移行するのに伴い、次の寝場所を確保する必要があるわけだが、

14年・15年にも数ヶ月単位で逗留した「アルナーチャラ・ラマナホーム」のオフィスを訪れ、定番となっている?「3階の道路側のダブルの部屋」を予約してきた。


「一ヶ月12000ルピー」の先方の提示を10000ルピーに値切って契約合意、内6000ルピーをアドバンスとして支払い済み・・3年前は「月6000ルピー」だったのでその倍額の提示はいささかえげつない感もあるが、物価上昇を考えれば致し方ないか・・税金がどうたらとも言っていたが。

H氏は同じダブルの部屋を「1日600ルピー」で借りている(彼の場合は1週間の滞在)とのことだから、全体としては18000ルピー→10000ルピーのディスカウントなわけで、まあ決して悪い取引ではあるまい(笑)


因みに今回は26号室・・というのはフロア唯一の「離れの部屋」で詳細な検分はしてないが、以前から気になっていた部屋ではある・・後日引っ越したらまた写真撮影してアップする予定。

ついでに久々に屋上に上ってみた。一昨年に比べると前方の樹木が延びてパースペクティヴがやや狭くなった印象があるが、これは現状のアシュラムのM31号室からの眺望と比較すれば・・なのかも?(笑)



まずはこの「宿替え」というのが近々の最大の懸案事項だったので、これをクリアしてやれやれとほっとしてアシュラムへ戻り、夕方の礼拝?を終えて部屋に戻ろう・・・としたら、「おい、スズキ、ちょっと話があるから来てくれ」とオフィスから呼び止められた。


このところ見知らぬ日本人らしき訪問者を見かけたりしているので、「案内をしてやってくれ」と言う話かな?・・・と思ったら(普通それ以外考えつかないし)、そうではなくてある「実務的な問題」について「何かアイディアはないか?」とのことであった。


一応この件については「間接的に知っている」だけの立場なので、私個人としては何も尽力は出来ないのだが、「おそらくは『有益なアイディア』を提供してくれるのではないか?」という人物の名をあげて、とりあえず「心当たりの方々に連絡してみる」ことにした次第。


・・・それ以上のことは私には何も出来ないからな。そもそもそんな込み入った「実務的」な話を英語でやりとりするだけの力量もないし(笑)



で話はそれだけでなく、ドクター・ムルティからA-5号室への移動を要請され、翌12日に移動し17日までステイすることになった・・・アシュラム本体敷地内にある男性用シングル棟長屋の一番端の部屋だが、かって「小火事件」のあった部屋でもある(笑)。↓

http://sirius02.blog6.fc2.com/blog-entry-191.html


まあ、給水状況が復旧して古いゲストルームへの受け入れ復活&新しいゲストルーム群は「新来の客」へ回したいからでもあろうが(13・14・15は連休となってこの週末にはかなりの訪問・滞在客が来る模様)、もしかしたら「そのまま滞在延長できたかも・・?」という感もあるが、昨日までに指示されたならさておき、ついさっき内金も払ってしまったからな(笑)。


しかしものはついでに?・・この機を捉えて、「18日以降も継続して『アシュラムでの食事』を食べさせて頂けないか?」という、最大の懸案事項について打診し、ドクターの了承を得る。


そうなのだよ、私にとってはこの「アシュラムの食事」こそは瞑想なんぞという営為よりも遙かに重要な「実務的問題」ざんすからね、わはははは・・・・・!!



というわけで、昨日午前中にA-5へ部屋替え実施。


かなり古い建物なので設備的にはこれまでの部屋に劣るものの、我々のような「オールド・ディボーティ」にはやはりこちらの方が馴染みがあってしっくり来る・・のですなあ!!

アシュラム本体敷地内の一番奥まった辺りにあって、アルナーチャラのお姿は樹木に遮られて見えないものの、もう直ぐそこにアルナーチャラが鎮座してましますわけで、静謐さとパワーの浸透度という点ではやはりこっちの方が素敵なのだ。


SBSC0202.jpg

SBSC0201.jpg

SBSC0203.jpg


SBSC0204.jpg


SBSC0208.jpg


SBSC0205.jpg


SBSC0206.jpg

SBSC0207.jpg


SBSC0209.jpg



上述したように昨日の夕方からの「パタパタした展開」のせいもあって、昨夜は妙に目が冴えて寝付けず本日は睡眠不足・・ということもあって、下記案件のメール始め来週訪問予定の方へ「の業務連絡その2」や滞在日記も全く手が着けられず。

当初の予定では「1日のアドヴァンテージ」をここで使って、ギリプラダクシナは翌13日としてネカフェに行くつもりだった・・のだが、原稿が何も出来てないのではね(笑)。


逆にどうもこの一連の出来事により、エネルギー的になんとも「ざわざわ」上気している感じなので、やはり無性に歩きたい!!という気持ちが強く、ネカフェにも行かないとならば少々睡眠不足ではあるものの歩いてしまおう!!・・・と思い立って、予定通り12日に歩くことにした。


お天気もまあまあ何とか凌げそうだったので、前回同様にお茶の時間の後の16時半スタート。

やはり「エネルギー調整」の為にもギリプラダクシナは有意義なのですなあ・・・かくしてこれで399回目を完了し、いよいよ次回は400回へ リーチがかかったわけざんすよん!!

スポンサーサイト
別窓 | 滞在日記2017 | コメント:0 | トラックバック:0
<<あれは一体何だったのか? | 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 | これでは瞑想にはならないですなあ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 |