The link at the date of the calendar is an entry.
ビーチまで30秒!
2017-09-26 Tue 19:45
さて18日昼にマレーシア・ペナン島に到着、20数年以上前からの定宿であるジョージタウンの杭州旅社に投宿・・・しかし今回のペナン滞在では以前から念頭にありながらも実現できなかった「ビーチでの滞在」というのが大きな目的なのである。


かくして落ち着いたところで、101番のバスに乗車(ペナンの路線バスに乗るのも20数年ぶりざんす)して、いよいよバトゥ・フェリンギ・ビーチへ・・料金は2・7リンギ(約80円)。

しかし「くねくねした峠道を猛スピードで駆け抜ける!!」・・というなかなか豪快な運転でしたなあ、路線バスというより「テーマパークのアトラクション」みたい(笑)。

バトゥ・フェリンギの端のバス停でおりてビーチまで歩き、何軒か安宿を検分した結果、「アリーズ・ゲストハウス」の2階トイレ・バス付きのダブルルームに決定、宿代は1泊120リンギ(約3250円・・相棒と割り勘なので一人1625円)。

SBSC0278.jpg

SBSC0274.jpg

SBSC0279.jpg

SBSC0263.jpg

SBSC0277.jpg

SBSC0271.jpg



・・・というわけで22日以降はバトゥ・フェリンギに滞在中ざんす。


SBSC0272.jpg

SBSC0273.jpg



この宿は構造上「風通しがイマイチ」という難点を除けば、ロケーション的には界隈の安宿の中ではこの2階の部屋が最高ですな!!(ただし120リンギという宿代は、杭州旅社の倍額なのであるが・・)




バトゥ・フェリンギはペナンでは最も有名なビーチだけに、周囲には最高級リゾートホテルが林立しているのだが、実は「ビーチからの距離」という点ではこのゲストハウスは最高級リゾートホテル群をも差し置いて、「最も至近距離」に位置するのだ・・・なんせ部屋から波打ち際まで「30秒かからない」からねえ(笑)。

だからもちろんオーシャンビュー(2階にある3部屋だけだが・・)というだけでなく、ここの部屋には「潮騒の響き」が常に聞こえてくる・・というなんとも贅沢な環境なのざんすよん!!


SBSC0268.jpg

SBSC0269.jpg

SBSC0266.jpg

SBSC0283.jpg


SBSC0282.jpg

SBSC0267.jpg


SBSC0263.jpg

SBSC0264.jpg


SBSC0270.jpg








当初懸念していたのは、「ペナンで最も有名で、大勢のツーリストで賑わっているビーチ」と喧伝されていたので、私としてはバリ島のクタ・ビーチのような喧噪を予想していたわけだが、いざ行ってみたらこれが嬉しい方に外れていた。

どうやらシーズンオフらしく、なるほど高級ホテルに宿泊しているのであろう外国人も散見されるが、「混雑している」わけでもなさそうだ。


ビーチや海そのものは特にきれいなものではないし、波が荒くて泳ぐにのも向いてない(サーファーも誰もいないのだが)・・・パラセーリング始め各種マリンスポーツも盛んに営業しているが、クタ・ビーチのような喧噪ではない。

安宿街もクタ・ビーチ周辺のレギャン通りのような乱立したひしめき合いを予想していたのだが、ビーチに面した辺りでは僅か数軒しかない上に、どんちゃん騒ぎをやりたがる「若い外国人バックパッカー」を全然見かけないからねえ。

(実はガイドブックに記載されてないが、道路の内陸側にはかなりの数の安宿が密集していた・・料金も今いる宿よりかなり安い。ただし徒歩圏内だが当然ビーチから離れているし、高級ホテルの建物に視界を遮られて海が見えない、繁華街なのであれこれとうるさい。結局滞在に当たり「安さ」を取るか「ロケーション」を取るか?・・ざんすね)


もっとも週末になるとマレーシア人の家族連れがたくさんやってきて、特に昼過ぎから夕刻~夜中まではなかなかに賑わう・・・周囲のレストランなども大繁盛している模様なのだが、平日はもうガラガラ状態で宿にしても「宿泊しているのは我々だけ」なので、2階のテラスは貸し切り
状態だし(笑・・週末はフルだった)。


かくして「閑散としたビーチでぼんやり過ごす」という目的には持ってこいの滞在生活の最中・・なのざんすよん!!

SBSC0280.jpg


SBSC0281.jpg


しかし問題点もあってそれは「食事の場所」なのである。

もちろん前述したように周辺にはレストランやら屋台やらがたくさんあって、各種料理を堪能するにはなんらの問題もないわけだが、ベジタリアンという我々の食生活習慣からするとどうにもそぐわない&メニューの選別が非常に面倒くさい・・・のですなあ。


かくしてこの際昼食は毎日バスでジョージタウンに通って、「中華ヴェジ」飯を食べにいこうではないか!・・・ということになった。

ざっと周辺レストランのメニューのお値段を見るとおおよそ「一品15リンギ」前後の金額なわけで、それなら往復のバス代5・4リンギを差し引いたとて、質量共に大満足感の得られる「中華ヴェジ飯」の方が遙かにお得!!・・・ということになるざんすからね。

(この「中華ヴェジ店」については後日写真付きで詳しく掲載する予定ざんす)


かくしてバトゥ・フェリンギに10泊し、10月2日に再びジョージタウンへ戻って杭州旅社に3泊(バトゥ・フェリンギ行きに際しては、大荷物のリュックを預かってもらっている)。

そのままペナンから空路でクアラへ・・ということにして、エアアジアの11時半発のフライトを予約手配(残2席だったし)済み、3500円位かな?


・・というわけで「第27次インド計画」で最後まで未定だった最終旅程はこれにて決定した次第。
スポンサーサイト
別窓 | 旅日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<だから宝くじを買うのだ! | 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 | 「南無大師返上今後」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 |