The link at the date of the calendar is an entry.
全く金儲けにはなりようがない 
2017-11-29 Wed 22:52
なんだか「書く気力」自体がかなり減衰していて、前回同様にブログ記事はもちろんとして元ネタとなる「雑記」自体も気がついたら2週間も無記入になっているのですなあ(笑・・もっともその間ぼんやり悄然としていたわけではなく、あれこれ活動してはいるのだが)。


思うにテキスト・エディターとしての(機能しかない)ポメラよりもYOGABOOKを開いている時間が多いと、ネット・サーフィンという方に時間を費やす傾向がある・・のも事実であろう、帰国後2度実施した浜松帰省でもポメラは持って行かなかったからねえ、「両方ともでは荷物が重すぎる」・・となるとやはり汎用対応のYOGABOOKになるわけで。


しかしながらFBにはちょこまかと投稿記事を書いたりもするわけで、逆にそこにアップした記事をこちらに日記としてまとめてみた次第(笑)。


>>>>>


毎年書いているのだが11月20日というのは、かって所属していた海上自衛隊を退隊した日である。

以来私は「正規雇用」での就職はしたことがなく、36年が経過してしまった・・・。

そして現在もいまだ「無為徒食の遊び人」を標榜しているのであるよ、そろそろいいかげんに「仕事」を始めたいところなのだがねえ・・ ただし「俳優」も「ヨーガの先生」にも向いてないことは確かなようだ(笑)。



さて19~22日まであらためて浜松帰省、母の介護の用件をこなした後は何十年ぶりかで「舘山寺ロープウェイ」に乗って対岸の大草山に渡った・・のだが、

その展望台の近くにこんな記念碑があったことを今回初めて知ったざんす。

SBSC0312.jpg


SBSC0309.jpg


SBSC0310.jpg



戦前に日本に亡命していたミヤンマーのアウンサウン将軍(スーチーさんのお父さんですな)が、なんとこの地で日本陸軍の鈴木少将と「祖国独立運動」の密議をしていた・・のだそうな!!

そしてかの「インパール作戦」には静岡・浜松出身の兵士がかなり投入されていた・・とのこと。


あまり積極的に語られることがないが、インド及び東南アジア諸国・・とりわけミヤンマーとインドネシアの独立には大日本帝国陸軍が多大な尽力・貢献をしている・・・のざんすよん。



浜松では久々に鰻を賞味した。

今回は駅近の老舗「八百徳」・・かなり有名な店なのだが今回が初めて。

http://www.tokai.or.jp/yaotoku/

実は大昔の子供の頃からこの店の存在は知っていた

街中から帰宅する際に乗るバス停からこの店の看板が見えていた・・のが強く印象として記憶の底に刻印されていて、たまに「夢の中」にまで登場する(今は亡き「駅前再開発以前の旧店舗」だが)・・ので、

今回は「長年の宿願」を果たした感じですなあ!!(笑)


前述の「舘山寺」もそうなのだが、「ノスタルジックな想い出」を掘り起こして再体験する・・という心理的作業に力を注いでいたりもする?昨今なのである。


実は日光・「中禅寺湖と華厳の滝」というのもそれに関係しているのだが、図書館でガイドブックを借りてぱらぱらめくり、ネットで現地へのアクセスと宿の具合をあれこれ検索してみた。


アクセスの方は大宮→栗橋で東武日光線に乗り換えで2千円を切る料金となるほかJR高速バスも1日1往復で直行便が出ているのだが、やはり宿の方がなかなかお高いところばかりですなあ・・しかも今月はなかなか空きが少ないし(オンシーズンだからねえ)。

所要時間を考えると「日帰り」可能圏内ではあるのだが、この季節では日照時間がタイトですなあ。まして標高の高い内陸部で寒いとなると、なんだか頑張って今月中に行く・・というのにはそぐわない状況のようだ。


男体山自体のあれこれもまだ全然情報収集もしてないことだし、何よりも現状では「是が非でも今行きたい!!」というほどのパッションでもないということを鑑みると、どうやらこの「中禅寺湖&男体山訪問・参拝」は来春以降に延期でよいのでは?・・という感じになってきた。

来春は宮島方面への「ウルトラ大巡礼」は実施しないつもりだけに、それと入れ替わりで実施ということにもなろうかな?



一方で年末恒例の「お伊勢参り」の方は、伊勢・神宮会館の空き状況を検索したら12月はそこそこ空きが出てきたですな。

ということで20日(水)を予約した・・・前日19日が三鷹台ラフターの年内最終回なので、終了後は鴻巣に戻らずそのまま西へ向かいこの日は豊川泊。

翌20日は豊川稲荷参拝後に伊勢へ、神宮会館泊。

21日は恒例の「内宮早朝参拝」はもちろんであるが、この一両日での伊勢各お社の参拝日程は後日詳しく検討するとして、この日は浜松まで戻り定宿泊。

22日は午前中に母のところに顔出し・様子見、午後は袋井・可睡斎を参拝してから毎度お馴染みの興津「駿河健康ランド」泊。

23日に江の島参拝を経て鴻巣帰還。

既に宿は各所手配した。まあこれは毎年の恒例行事・・各お社で新しいお札を頂いてくるのと、伊勢地方独特の「注連飾り」を調達する旅ざんす。

アクセスはもちろん「青春18きっぷ」・・・一回分余るので(22日は不使用のため)これは年が明けてからの「江の島初詣で」日帰りに使うとしよう。



さてそんな具合に来月の伊勢参宮も確定したので、その前祝い?として地元のスーパーになぜか販売されていた伊勢・二見浦の「お福餅」を、賞味期限が当日で3割引だったので購入した。

内容的にはほとんど「赤福」と同じだが、一個当たりが大きく餡もこってり乗っていて2個食べたらお腹いっぱい。 夫婦岩の写真と解説のカード入りでなかなか楽しい。

RIMG0223a.jpg


RIMG0224.jpg


RIMG0225 (2)


IMG_20171127_0001.jpg


IMG_20171127_0002.jpg





一方で道楽の近状としては、このところ2連敗中のヤフオク「美代ちゃん」グッズだが、次の狙いはこれですな(笑)

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m229669462


・・というわけで本日の「美代子さん」動画・・ドリアン助川氏との対談トークショー。

これは極めて真面目な内容で、バラエティ番組で発揮される天然ボケ的な「お笑い」要素は皆無・・・その場に相応しい言動できちんと対処できる人であることが良くわかりますな。






しかし「アルナーチャラの宣伝屋・案内屋」という業務も、アイドル「浅田美代子」研究家?というのも、

「好きで好きでたまらない」が故に「自分の好きなことを説明したい」という偏執的情熱から、いかなる批判もどこ吹く風と私個人が勝手にやりちらかしている「道楽」に過ぎないわけなので、

どちらも全く金儲けにはなりようがない(職業化できない)のですなあ、わはははは・・・・・!!



そして今年のアルナーチャラ・ディーパム大祭は23日よりスタート、最終日の12月2日の日没時に、アルナーチャラ山頂に聖火が点火されるのざんすよん!!
スポンサーサイト
別窓 | コラム | コメント:2 | トラックバック:0
<<奉祝!2017年ディーパム聖火点火 | 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 | 浴室にもラマナ(&ラクシュミー)なのだ!!>>
この記事のコメント
お福餅と赤福餅は、ほぼ同じ食べ物と言って良いでしょうね。
赤福餅は大量の広告出稿により知名度を維持している有名ブランドであるという点が異なるだけで味は同じですよね。

浅田さんも実は(笑)まともなシリアスなトークもできるという証拠映像ですね。
面白面とシリアス面とどちらが浅田さんの素顔なのか?ある意味ミステリアスと言えなくもありません(笑)
2017-12-02 Sat 13:32 | URL | #HVjCkEGY[ 内容変更]
Re: タイトルなし
こんにちは、コメントありがとうございます。

「古来からの名物お土産」というのは各地に似たようなものが結構ありますが、結局は「宣伝に長けた」ところが突出して人気を博すのでしょうね。

この映画での美代子さんは、全く無自覚なまま「差別」を抱く「ごく普通の善人な庶民」という役を演じていますが、彼女ならではの「明るく親近感あふれるパーソナリティ」との対比こそが、その「自覚なき差別」という落差を見事に表現されていて、川瀬監督の力量とキャスティングの妙を感じますね。
2017-12-03 Sun 23:21 | URL | シリウス・マハナンダ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 |