The link at the date of the calendar is an entry.
「聖なる記念日」3連チャン
2018-02-15 Thu 22:44
この13・14・15日というのは「聖なるメモリアルデー」3連チャンなのざんすよん・・・といっても一般的には14日のバレンタインデーしか見当がつかないことだろうが、13日は今年の「マハー・シヴァラットリ祭」だったわけで、

日本人としてはあまぴんとこないものの「山の姿をとして現象世界に顕現されているシヴァ神そのもの」であるアルナーチャラ・・を信奉する者としては「無関係ではいられない」次第。

15日がいかなる日なのか?・・・は後述するざんす。


さて最近取り組んでいる「Kegon プロジェクト」との一環として、「華厳思想」へのアプローチの為に先ずは2冊の書籍を借りだしてきて読み始めたわけだが、「仏教思想6 無限の世界観<華厳>」がかなり面白いながらもボリュームがあって一気に読了して返却というわけにはいかない。


IMG_20180215_0002.jpg



まあ出版年次も古いことだし、古本なら安く入手できるだろう・・と思って検索したらあにはからんや、

これは初心者のための入門書ではあるものの「学術的専門書」といえる内容だけに、発行部数自体が少ないのかハードカバーも文庫本も結構「希少本」に近い相場なのですなあ。


しかしながら幸いなことに、版元の角川ではこの書籍をKindle版として頒布していてお値段も800円(文庫版とほぼ同額)なので、私はこれまでKindle版というものを実際に購入・読書したことはないのだが、これを第1号とするかな?・・・と検討中。



そして最近の私的には「かなりのヒット」書籍だったのが、「死と生 恐山至高対談」ですなあ!!

IMG_20180215_0001.jpg


この本は何と言っても「語る禅僧」南直哉師と「歌う神主」鎌田東二氏の対談というウルトラ級の内容なのだ!!

・・・両氏とも私自身が「現代において大変尊敬する日本の宗教関係者」だけに、このお二人が対談するというのは誠にスリリングな「知的異種格闘技」ですらある?・・といおうか、

私的見解として、南師は「道元&親鸞」で鎌田氏は「空海」に擬せられるだけに、現代にもし道元&親鸞さんと空海さんが現れて対談したら?・・・という妄想に耽りたくなるような面白さなのざんすよん!!


これは実際「買うに値する(手元に置きたい)書籍」なので、さっそくAmazonで検索したがまだ新しい本(17年9月末発刊)だけにちょっと手が出せない(笑)・・・古本になってもう少し値段が落ちてくるまで様子見として、返却はせずに再借り出ししてきた・・とりあえず借りている間に「要所のページスキャン&文章テキスト化」をしておこうという次第ざんす。


しかしながらさてどこをファイル化&テキスト化したものかな?・・と考えるとこれがなかなか絞りきれず結構膨大な量になりそうなのですな。

なので、これは久々に定価購入するしかないかな?・・と思い始めていたら、相棒がこれを寄贈してくれることになった!!


・・というのは以前もやったことがあるが、2~5月にかけてのバレンタイン&ホワイトデーとお互いの誕生日のプレゼント交換という体裁にしよう・・というわけですな。

つまり同じ金額を後日相棒のリクエストに応えての買い物に充てる・・という次第なのだが、案外自分の道楽に使うにはいささかためらいが生じるケースでも、同じ金額を相手へのプレゼントに使うなら悪くない・・という心理的作戦?なのざんすね。


私の場合基本的に書籍類は図書館から借りるか古本を漁るか人から寄贈されるか・・なので、「新刊書」を定価で買うというのは最近では滅多にないだけに、2千円ちょいのお値段というのはいささか気が引けるのですなあ、・・って「美代ちゃん」グッズなら躊躇無く投資するのだがねえ(笑)



さて、そんなわけで15日は何の記念日かと言えば・・・


浅田美代子さんの誕生日なのだよ!!・・・今年で62歳。

しかしこのお年になっても「くるくる動き回る大きな瞳」の放つ多彩な表情の魅力は、「美代ちゃん」の頃と全く遜色なく健在ですな(ついでに「体型」も変わらず、現在でも「見事な美脚」ざんす)。

この人はおそらくそのまま、「可愛いおばあちゃん」タレント・・になっていくことだろう。



かくして前回のインド&マレーシア旅から帰国した10月以降にヤフオクなどで収集した「美代ちゃん切り抜き集」がかなりの量になっていたのだが、先月から着手したファイリング作業は残っていたA4サイズものも仕上げてようやく完了。

RIMG0009u.jpg



一つ問題としては今回複数枚の「ポスター」も落札商品の中に含まれていたわけで、さてこれらをどうしたものかな?・・というものであったのだが、「お隣さん側の窓」というのはこの際「完全に殺し」ちゃっても特に不都合はないよなあ?・・・ということに気がついたのざんすね。

明かり取り自体は正面側の窓で十分だし(室内ガーデンの日照確保上、こちらのガラスにはポスターを張るわけにはいかない)、別に窓が動かせないわけじゃないからな・・・隣家からの「目隠し」がわりにもなるわけだし。


もっとも今回新規に入手したポスター類というのは「当時の芸能雑誌の『付録』」なので、それぞれ「裏側がヒデキとか郷ひろみ」なのですな・・これをそのまま窓に展示するとお隣さんからはそれが丸見えになる・・というのはいささか芳しくない(笑)。

というわけなので、壁に既存展示してある「LP同封ポスター」ならば裏が無地白なのでこちらを窓スペース展示することにして、空いたスペースに新旧取り混ぜ再ディスプレイ・・・ということになった次第。

RIMG0001u.jpg


RIMG0005u.jpg



更に新たに制作したガーデン下部「目隠しプレート」にも3枚のポスターを張って展示作業は完結、

RIMG0006u.jpg


ごらんのように納戸部屋の半分は美代ちゃんスペースであり、都合合計42の「美代ちゃんアイテム」が展示されることになったのだが、この部屋内としては「ラマナ」「アルナーチャラ」関連アイテムの展示量を遙かに上回るのですなあ、わはははは・・・・・!!

RIMG0007u.jpg



追記

一応弁解すると、家全体では「ラマナ」「アルナーチャラ」「神様」関係の方が上回る・・・「美代ちゃん」アイテムは納戸部屋(私の寝室兼書斎)だけに限定されているが、「ラマナ」「アルナーチャラ」「神様」関係」アイテムの展示は、玄関・トイレ・洗面所・浴室まで含めた全ての部屋&スペースにお祭りしてあるざんすからね。


スポンサーサイト
別窓 | コラム | コメント:6 | トラックバック:0
<<やはりウルトラなのだ!! | 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 | 「未発の感情」は昇華されたのか?>>
この記事のコメント
あっしは、一時「唯識思想」に凝った事があるざんす。「華厳」も、「奈良仏教」の一つざんすよね?
元はと言えば、三島由紀夫先生の『暁の寺』を再読するに当たって、その骨格を為している「唯識」を理解しようとしたのざんす。例によって「凝り性」のあっしは、「明恵上人」も含め、出版されている「唯識関連本」は、全て入手したざんす。処が「奈良仏教」は、そうは簡単に「理解」できるものではなく、「四苦八苦」して、漸く「うすらぼんやりと」分かったざんす。
「美代ちゃん」の誕生日、おめでとうございます。
「浅田さん」と呼んだ方が相応しいのざんすが、可愛らしいお母さんの役が似合うざんすね。演技力も素晴らしく、「かの三国連太郎」氏が、「絶賛」した、と言う逸話もあるのざんすよ。
2018-02-16 Fri 04:00 | URL | 暴弩麗瑠 #-[ 内容変更]
クラシック・大人買い!
そうそう。前のコメに書き忘れたざんす。
今日は久方ぶりにクラシックCDの「大人買い」をしたのざんすよ。HMVで「輸入盤5枚で40%OFF」とあったので、クナの「運命」、「ブラ3」、朝比奈先生の「聖フロリアンの7番」、ベーム77年来日ライブの「田園」、それにバーンスタインの「レニングラード」を注文。
更にAmazon中古で、ルービンシュタインの「皇帝」、西本智美の「悲愴」、ストコフスキーのチャイ5、まで買ってしまったざんす。この処、父親の「末期癌」の問題で精神的に参っていたのざんすが、偶には「大人買い」も、「気分安定剤」になるざんすね。「聖フロリアン」は既に持っているのですが、新たにリマスタリングされて、此れまでの盤ではカットされていた処が再現されており、あの「5時の鐘」の音も鮮明になったそうざんす。・・・てな訳で、散財しましたが、聴くのが今から楽しみざんす。
2018-02-16 Fri 04:19 | URL | 暴弩麗瑠 #-[ 内容変更]
綺麗に整理・展示されていますね。
お見事です。
私も見習わなければと思います。

浅田さんは還暦を過ぎても若い頃から容姿等のイメージが崩れず変わりませんよね。
加齢のダメージを上手に回避されているように見えます。
さすが一流芸能人だと思います。

2018-02-16 Fri 14:11 | URL | ケーキ #HVjCkEGY[ 内容変更]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。新しい日記に書きましたが、この春に東大寺と明恵上人所縁の高山寺、ぞして空海さんの東寺を参拝することになったざんす・・・高山寺と東寺は初参拝、東大寺は45年ぶり(笑)。



2018-02-25 Sun 14:56 | URL | シリウス・マハナンダ #-[ 内容変更]
Re: クラシック・大人買い!
私の方はようやく先日になって坂入健四郎のブルックナー5&8全曲を鑑賞しました・・・8番は3楽章が凄い濃密な表現でそれでオケが「力尽きた」感じで終楽章はヨレヨレ・・な感じですね、ここらへんがアマオケの限界というわけでしょうが、やはり将来は「1流オケ」と演奏実現を切実に希望するざんす。


2018-02-25 Sun 15:02 | URL | シリウス・マハナンダ #-[ 内容変更]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。前回4600円の高値がついたアイテムが今度は3500円で出品中、今度の品は「カバーなし・レコード単体のみ」ということもあってか誰も入札してない・・のでチャンスではあるのですが(笑)。


2018-02-25 Sun 15:07 | URL | シリウス・マハナンダ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 閑話休題~お気楽脳天気な長広舌 |